北欧 部屋 模様替え 33

北欧の模様替えをご紹介します。
部屋の模様替えの参考にしてみてください。

収納が一体となった機能的なベッド部屋をより有効に使うため、ベッド下の収納を改めて考えました。部屋の模様替えそのものでマットレスを支えるという構造にすることで、より多くの収納スペースを確保することができました。毎日使う衣類から、スーツケースや布団までたっぷりしまうことができます。オプションパーツの追加台を使えば、布団でも使用でき、下部は収納スペースとして使えます。収納ボックスの下には通気孔をあけ、湿気がこもりにくい仕様です。引出部分には普段よく使う衣類や寝具など、奥の収納部分には、キャリーバッグ、スキーなど長い物、布団などが収納できます。収納ベッド用の追加台です。収納ベッドに追加台を設置すると長さ210cmの布団を敷くことができます。追加台の下部は部屋の模様替えとして使えます。 気持ちをリセット、特別な休憩場所ナチュラルな木と素朴なスチール、異なる素材がミックスされた絶妙な模様替えバランスの組み合わせです。ベンチのような背もたれを持つベッドが、どこかで見たような、親しみのある風景をイメージさせます。独特のフォルムが美しいセルジュ・ムーユのランプが程よい模様替えアクセントに。壁に立てかけて使うシンプルなミラーです。トレイに化粧品やアクセサリーを置いたり、はしご部分にストール、タオルなどの小物を掛けたりすることで、ちょっとしたドレッサーとしてもお使いいただけます。コンパクトなサイズですっきりと軽やかな存在感です。パリに生まれたセルジュ・ムーユの、自然の造形というデザイン部屋と素材との対話、そして職人的技術によって生まれた一連の模様替えランプは、同時代の部屋と一線を画した独特の美しいフォルムを持っています。


北欧部屋の模様替えをとりまとめたサイトはこちら→北欧寝室インテリア

posted by changeroom at 19:38 | Comment(0) | 北欧 模様替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

    スポンサードリンンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。