ダイニングを気分ハツラツで学び中| ̄∇ ̄| 831

インテリアと家具、色々嬉し楽しく書いていきま〜す(*^-^)

フランチェスカとは。優雅な佇まいに魅せられるクラシックダイニング。置くだけで、お部屋を華やかに彩る存在感と、寛ぎの時間に相応しい贅沢な座り心地を兼ね備えています。エレガントで繊細な彫刻が目を引く美麗さ。張り地は、煌めきが美しいジャガード織り。最高級の肌触りです。

zanottaとは。日本語名、ザノッタ。1954年、イタリアで創立した家具ブランド。洗練されたイタリアンモダンと革新的なオリジナリティーによって織り成される卓越した意匠性をもった家具です。コンパッソ・ドーロ賞を始めとする数々のデザイン賞を獲得している他、世界の有名美術館においてパーマネントコレクションに選ばれました。

深大寺のおみやげ
深大寺山門下のらくやき屋さんで発見♪。味のあるねこの絵柄がかわいい、豆皿を買いました。踊ってる?^^やっぱり豆皿もペアでなくっちゃともう1枚。腰つきがいいゾw。1枚でもかわいい豆皿、2枚並べると見るたび笑みがこぼれるかわいらしさ。サイズ的には500円玉くらいのものが盛りつけられるミニミニサイズ。呑兵衛ハリネズミ夫婦的には塩辛や酒盗などの珍味の盛りつけに使うつもりだけど、箸置きやカトラリーレストとしても使えそう。こちらのお店ではらくやきの絵付け体験もできるから、お猪口と徳利の絵付けをやってみようかなとちょっとココロが動くも、暑かったし、なにより共に絵心のない夫婦だからまずは自宅で絵柄の特訓が必要かと思いとどまったしだい。でも3年前の春、ねこの絵付けはやってみたことあり。ハリネズミんちのねこ揃い組w。ちなみに左から茶トラのムギちゃん、ブルーのルーチェくん、キジトラ白のチェロくん、ブルー白のステラくん。ペタペタと塗るだけでもこの出来映えだもん、ほんと絵を描くのはヘタッピなのだ^^;。ほかには・・・・参道沿いのお花屋さんでメキシカンチェリーペッパーを。観賞用の唐辛子のなかでは珍しく食用にもなる品種。そして辛味は相当なものw。今回が4度めの購入。去年の夏も深大寺を訪れた際にひと鉢買い求めて、その実を針金に通して・・・・アンティークボトルに掛けて楽しみつつ食用に。こんなあしらいをしながら、ついてた実は残さず完食。今年もひと鉢ゲットで、また刺激的な辛さを堪能できると思うとうれしい〜♪。そうそう、おみやげに手焼きせんべいも購入。いろんな味があったなかで選んだのは・・・・七味味w。食べながらその辛さ、「たいしたこと、ないなぁ」って思っていたら、3分の1くらい食べたころより口から火を噴くような辛さに襲われて・・・・大満足〜(≧▽≦*)。(続きを読む)


ヴィヴィアンスツールとは。カナダのデザイナー、イヴォンヌ・ポッターによる、ミニマルかつモダンな雰囲気を存分に発揮するデザインの作品。無駄を極限まで排除した、ステンレススチールの細いフレームとプライウッドの薄い座面が特徴。

いや〜、今日もまとめたかな、横須賀 家具屋をチラ見して完了〜!!!
posted by changeroom at 15:31 | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    スポンサードリンンク



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。